ZOEニュース

565
【日刊ZOE NEWS】スピード感を武器にIT企業が新型カフェを運営することで見えてきたもの / ABCマートが進めるオムニチャネル戦略とは、ecbeingとオムニチャネル戦略パートナー提携

【日刊ZOE NEWS】スピード感を武器にIT企業が新型カフェを運営することで見えてきたもの / ABCマートが進めるオムニチャネル戦略とは、ecbeingとオムニチャネル戦略パートナー提携

2019年7月31日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 スピード感を武器にIT企業が新型カフェを運営することで見えてきたもの ECメディアにクラスメソッドの横田聡さんが事業者側として語っている姿は、色んな意味で感慨深いです。 横田さんの捉え方はいつも学びになります。 Amazon Goを体験して「技術によって世代問わず同じ体験ができることの素晴らしさ」に気づかれたと。 私も常々「テクノロジーによって、小売における販売スキルやサービ

スキ
3
【日刊ZOE NEWS】反ファスト宣言の「ザラ」、実はこんなにもサステナ先進企業だった!  / 島忠はオムニチャネルだけでなくPRも強化中!? / Radiotalkで、ZOEラジオをスタートしました!

【日刊ZOE NEWS】反ファスト宣言の「ザラ」、実はこんなにもサステナ先進企業だった!  / 島忠はオムニチャネルだけでなくPRも強化中!? / Radiotalkで、ZOEラジオをスタートしました!

2019年7月30日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 反ファスト宣言の「ザラ」、実はこんなにもサステナ先進企業だった! すでにここまで取り組みが行われているのも驚きですが、「2050年までに、ファッション業界でゼロ・エミッション(廃棄物ゼロ)を達成する。」という目標は衝撃的です。 今回の株主総会で、Carlos Crespo(カルロス・クレスポ)氏がCEOのバトンを受け継いでいますが、デジタル推進とサステナブル/サーキュラー・エコノ

スキ
1
【日刊ZOE NEWS】「売らない」店舗続々登場、実物確認からネット通販に誘導 / WWD JAPAN EC特集2019、専門家がオムニコマースの課題を解決します!

【日刊ZOE NEWS】「売らない」店舗続々登場、実物確認からネット通販に誘導 / WWD JAPAN EC特集2019、専門家がオムニコマースの課題を解決します!

2019年7月29日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 「売らない」店舗続々登場、実物確認からネット通販に誘導 ユーザー視点ではモノや業態によっての使い分け。 すぐに使いたいモノは先にネットでオーダーして店頭で受け取れる方が便利ですし、後で受け取ってよいモノ(靴、大型家電、家具など)は現物確認後に配送の方が便利です。 ただし「売らない店舗」はどこでコストを回収するか?利益を得るか?を逆算しておく必要があるでしょう。 少なくとも、小売・

スキ
3
【日刊ZOE NEWS】Googleも出品-知る人ぞ知る、店頭の商品が売れなくても利益が出る米国の注目店舗「b8ta(ベータ)」 / 最近の発見、UGCやYouTubeについて

【日刊ZOE NEWS】Googleも出品-知る人ぞ知る、店頭の商品が売れなくても利益が出る米国の注目店舗「b8ta(ベータ)」 / 最近の発見、UGCやYouTubeについて

2019年7月28日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 Googleも出品-知る人ぞ知る、店頭の商品が売れなくても利益が出る米国の注目店舗「b8ta(ベータ)」 最近勉強会で知った体験ストアb8ta(ベータ)。日本では今年の秋にオープンするキャンプファイヤー×パルコによる「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」がそれに近いでしょう(ビジネスモデルが同じかは把握していないですが)。 体験価値が重要になっている流れは間違いない

スキ
5
【日刊ZOE NEWS】米「WWD」記者が綴る川久保玲への畏敬 / 高級ECファーフェッチ、ジャパンのオフィスに上顧客向けショッピングスペース開設

【日刊ZOE NEWS】米「WWD」記者が綴る川久保玲への畏敬 / 高級ECファーフェッチ、ジャパンのオフィスに上顧客向けショッピングスペース開設

2019年7月27日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 米「WWD」記者が綴る川久保玲への畏敬 表現される意匠とは裏腹に、ビジネスに対する捉え方が非常にシンプル。 知れば知るほど哲学的なものを感じるのに、本人は美化されることを拒み、あくまでの“ビジネスの手段”と言い切る。 こういったすべてがコムデギャルソン、そして川久保玲氏の魅力であり、国境を越えて惹かれる人がいるということでしょうね。 一方で、「ビジネス=お金と価値の交換」だからこそ、

スキ
1
【日刊ZOE NEWS】しまむらがスマホで注文&店頭受け取りのアプリ「しまコレ」をスタート / 独自の工夫は必見!カジュアル衣料品のハニーズHD、EC売上は77%増の18億円

【日刊ZOE NEWS】しまむらがスマホで注文&店頭受け取りのアプリ「しまコレ」をスタート / 独自の工夫は必見!カジュアル衣料品のハニーズHD、EC売上は77%増の18億円

2019年7月26日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 しまむらがスマホで注文&店頭受け取りのアプリ「しまコレ」をスタート 「EC注力しますよ」宣言からのZOZO出店→退店で議論されたしまむらですが、この「しまコレ」はしまむらのビジネスに合っているサービスだと感じます。 また、「会員登録をせずに使える」という勇気ある決断は、私は素晴らしいと思います。 日本は会員登録ジャンキーが多いですが、最近の流れは会員登録が重要なのではなく、ユー

スキ
1
【日刊ZOE NEWS】ビジュアルマーケティングツールvisumo(ビジュモ)が目指す「新しい意味のあるコンテンツを運用する体制づくり」とは / ダンボール不要の配送サービス「オリコン便」登場

【日刊ZOE NEWS】ビジュアルマーケティングツールvisumo(ビジュモ)が目指す「新しい意味のあるコンテンツを運用する体制づくり」とは / ダンボール不要の配送サービス「オリコン便」登場

2019年7月25日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 ビジュアルマーケティングツールvisumo(ビジュモ)が目指す「新しい意味のあるコンテンツを運用する体制づくり」とは ZOE NEWSとして初めての取材記事です(取材→記事おこし→校正など全て1人でやりました)。 今回はvisumo 取締役の井上純さんに、ビジュアルマーケティングツールvisumoについて語りまくっていただきました。 小売業界のデジタルコンテンツは、 ○本部のみ

スキ
2
【日刊ZOE NEWS】中国・アリババの「最先端会議」に出てわかった、そのヤバすぎる実力 / LINE Pay、企業からの送金を受け取れるようにークラファン「polca」など対応

【日刊ZOE NEWS】中国・アリババの「最先端会議」に出てわかった、そのヤバすぎる実力 / LINE Pay、企業からの送金を受け取れるようにークラファン「polca」など対応

2019年7月24日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 中国・アリババの「最先端会議」に出てわかった、そのヤバすぎる実力 このイベント自体は先週も取り上げましたが、最後の“アリババとアマゾンの「意外な違い」”という見方が非常にユニークですし、腑に落ちました。 中国のテクノロジー競争はとんでもないスピードで、新たなサービスが生まれれば、追随する複数サービスがすぐに登場して競争に勝ったものが残っていくと聞いています。 すなわち、市場における

スキ
3
EC運用を熟知した井上氏が語る、ビジュアルマーケティングツールvisumo(ビジュモ)の機能・戦略と「新しい意味のあるコンテンツを運用する体制づくり」【夕刊ZOE NEWS】#PR

EC運用を熟知した井上氏が語る、ビジュアルマーケティングツールvisumo(ビジュモ)の機能・戦略と「新しい意味のあるコンテンツを運用する体制づくり」【夕刊ZOE NEWS】#PR

【PR】ZOE NEWSとしての不定期取材記事がスタート。 ECにおいても、Instagramのコンテンツの連携や、動画の活用は1つのトレンドになってきています。そのようなコンテンツ制作やECの商品との紐づけ作業を効率化し、ECサイトに新たなビジュアルコンテンツを取り込むことができるのが、ビジュアルマーケティングツール「visumo(ビジュモ)」です。ビジュアルマーケティングツール事情から、最新機「video maker(ビデオメーカー)」の特徴、そして今後の展開について、

スキ
21
【日刊ZOE NEWS】北欧、暮らしの道具店ー『青葉家のテーブル』長編映画化が決定  / セグウェイを生み出した人物が起こす物流革命

【日刊ZOE NEWS】北欧、暮らしの道具店ー『青葉家のテーブル』長編映画化が決定  / セグウェイを生み出した人物が起こす物流革命

2019年7月23日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 北欧、暮らしの道具店ー『青葉家のテーブル』長編映画化が決定 オンライン配信ドラマからの映画化!「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコムは中小規模の小売事業者(広告事業もある)ですが、この企業からはドンドン新しいものが生まれています。 今回の取り組みを見ても思い出すのは、青木耕平さんの以下の言葉です。 今のビジネスで全くの真新しいものはない。であれば、登山のルートと登り方

スキ
2