見出し画像

【日刊ZOE NEWS】ZOZO販売停止ブランド続出は想定内?!/Amazonプライム、最大の優位性を失うのも想定内?! 他

2019年1月24日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.ZOZO販売停止ブランド続出は想定内?!
2.Amazonプライム、最大の優位性を失うのも想定内?!
3.創刊100日企画、第1弾スタート!LINE通数課金って理解してる?


ZOZO販売停止ブランド続出は想定内?!

このネタ自体には飽きているのですが、改めて考えてみました。

ZOZOは2012年11月に「商品購入時のポイント還元率を1%から10%に引き上げ、全品送料無料」を行い、その後粛々と終了。

この時も、出店ブランド界隈では多くの反発があったことを覚えています。

今回のZOZOARIGATOは、2012年の施策よりも強烈なので、この反応は予想できたはずです。
ということは、そのリスクは折り込み済みということではないでしょうか。

EC運営観点で見ると、ささげコスト(撮影・採寸・原稿)があるので1商品あたりの販売数や販売単価が高い方が収益は高まります。
ZOZO依存度が低い=ZOZO内で売上が低いブランドは、運営サイドから見ても収益率は低めになると仮定します。
運営サイドからすると収益率が低かった部分をなくし、その分収益率が高いところリソースを充てられるとも言えます。

ここまで考えているかは定かではないですが、「ブランド側の反発」を折り込んだ上での施策であることは間違いないと思います。


Amazonプライム、最大の優位性を失うのも想定内?!

配送サービス自体が平準化していくことくらいは、とうの昔に想定しているのではないでしょうか。だからこそ、平準化が来る前に、会員限定のコンテンツ配信や注文手段提供、チャネル提供などを急速的に拡充しているはずです。

予見できることを、いかに今の事実かのように受け止めるか?受け止める人・企業が新たな境地へ行けると思います。


創刊100日企画、第1弾スタート!LINE通数課金って理解してる?

第1弾として、「LINE通数課金の赤本」を10名に抽選プレゼントを実施中です。

LINE通数課金やリデザインで何が起こるか?まだ知らない人が多いようです。
プレゼントされる有料note部分には特典PDF資料もついています。

参加はカンタン!ZOE LINEの友だち登録をして、抽選ページに応募するだけ。

▼友だち登録はコチラ▼

https://bit.ly/2DXgy8r

他の企画は順次出していきますが、それは下記の記事をみてください。


※タイトル画像※
ZOZOTOWN「ZOZOARIGATO」より引用
http://zozo.jp/zozoarigato/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼トークイベントのライブ配信&まとめ記事: ZOE LIVE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼考え“型”のトレーニング問題: ZOEドリル
▼自著の続編 有料記事: 続・「実店舗+EC」戦略、成功の法則
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
4
ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。