見出し画像

【日刊ZOE NEWS】紙のDMを進化させた“接客の活用”とは?【宮森修仁、鈴木睦夫】/「販売員シェアリング」で提案するアパレルの新しい働き方

2019年1月22日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.「2本目のメガネをどう買ってもらう?」、紙のDMを進化させた“接客の活用”とは?【宮森修仁、鈴木睦夫】
2.「販売員シェアリング」で提案するアパレルの新しい働き方


「2本目のメガネをどう買ってもらう?」、紙のDMを進化させた“接客の活用”とは?【宮森修仁、鈴木睦夫】

紙のDMもユーザートリガーの時代。さらに改良して、接客内容でDMクリエイティブを変えられるようにした仕組みです。
手前味噌ですが、宮森の口からこの発想が出たのを隣で聞いていましたが、「この人、天才」と興奮しました(笑)

接客で取得するお客様の生活環境などのヒントを顧客カルテにデータ化するのが理想ですが、インプットのハードルがあるため、まずはこういった手段からスタートするのが現実的だと捉えています。
しかも眼鏡のレンズの場合は、お客様のニーズと本来提供した方が良いモノにギャップがある場合もあるため、スタッフの知見をいかせるマーケティング施策はより重要です。

最終的に「店頭にデジタルの武器を渡す」。その一歩手前は「関連部署やキーマンにデジタルの武器を渡す」。一歩ずつですが、やっております。


「販売員シェアリング」で提案するアパレルの新しい働き方

日本でも販売の“プロ化”が進んで欲しいとと思います。
デジタル時代だからこそ、人の心を動かしたり、なごませたりする高度な接客が、顧客体験向上につながるのは間違いないです。

小売業界では店舗における人財獲得が、もはや経営課題になっています。
新規出店したくても、スタッフがまかなえないという状況も頻発していると聞きます。
これまで、運営代行は使われてきましたが、手数料が重いのと、提供企業や場所によって接客の質にバラツキがあるようです。

全体的な人財難の数に対しての補完までいかなくとも、接客のプロにお願いする機会は増えていくと感じます。
MESHWell、応援しております!


※タイトル画像※
Agenda note 「2本目のメガネをどう買ってもらう?」メガネスーパーのLTV向上を実現したユーザートリガーDM【対談 宮森修仁、鈴木睦夫】より引用
https://agenda-note.com/retail/detail/id=841&pno=1

ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼トークイベントのライブ配信&まとめ記事: ZOE LIVE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼考え“型”のトレーニング問題: ZOEドリル
▼自著の続編 有料記事: 続・「実店舗+EC」戦略、成功の法則
▼書籍 「実店舗+EC」戦略、成功の法則の購入なら:ZOE COLLECTION

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたか~
7
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。