ZOEニュース

543

【経営者・採用従事者向け】あなたの会社がEC・デジタルのスタープレイヤーを採用できな…

もうこの4~5年ほど、この界隈の友人やヘッドハンターからは「いい人いないですか?」と聞かれますし、ここ2年ほどは小売・メーカーの経営者やファンドからも、こういう声が直接聞こえてくるようになりました。 慢性的に解決していない課題が、EC・デジタル管轄責任者の外部からの採用です。 ※ちなみ…

“EC RESPONSIBLE” ARE LONELY, BUT NOT ALONE. ーーEC担当者の孤独・メンタルヘルス・…

2019年は、自社ECのリニューアル問題(リライトする予定)、EC・デジタルのスタープレイヤー・有力経験者を採用できない問題、ビジネスにおける倫理観問題について言及しました。 過去にも言及しているのですが、今回は、「小売業やメーカーにおけるEC・デジタル担当者の孤独・メンタルヘルス、そのた…

オムニチャネル推進の号令、実務としてどこから着手すればいい?【ZOEの一問一答編】

本記事をアップデートした「改訂版」を書きましたので、ぜひ下記をご覧くださいませ。 ※「ZOEの一問一答編」は、主に店舗メインの企業におけるEC事業を対象にした過去の寄稿記事に多少手をいれたシリーズです。 小売業だけでなく、メーカーや生産工場でもオムニチャネル、さらにはOMO(Online Merge…

自社の強みがOMOにつながる、リユースデパート「コメ兵」の挑戦【shackレポート…

shack主宰の川添 隆です。 こちらのマガジンでは、既に新たな「店舗業態、場所の作り方、課金モデル」に挑戦している事例や考え方をご紹介していきながら、私自身もヒントを得られたらと考えています。 今回取り上げるのは、コメ兵 藤原義昭さんと『アフターデジタル』著者のビービット藤井保文さ…

【日刊ZOE NEWS】ラーメン凪、「顔パスシステム」でメンバーズカードなしでも特典提供 /…

2019年10月12日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り3日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! ラーメン凪、「顔パスシステム」でメンバーズカードなしでも特典提供 熱烈ファンが多いラーメン凪ですが、ネーミング含めて素晴らしいですね。 定額…

【日刊ZOE NEWS】第3回クラウドファンディング公開!shackを使って、“リアルな場”を使…

2019年10月11日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り4日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! 第3回クラウドファンディング公開!shackを使って、“リアルな場”を使ったチャレンジを後押しします なんとか、日刊ZOE NEWSの終わりの前に間に合い…

【日刊ZOE NEWS】ECの人に足りないのは「お客様目線」ーECと販売員がうまくやっていく方…

2019年10月2日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り13日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! ECの人に足りないのは「お客様目線」ーECと販売員がうまくやっていく方法を久保田正恵さんに聞いてきた 店舗で「これイイと思ったんで、ECで買います…

【日刊ZOE NEWS】「ファッション<SNS」な若者の心を掴む。来館者数も好調、SHIBUYA109…

2019年9月29日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り16日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! 「ファッション<SNS」な若者の心を掴む。来館者数も好調、SHIBUYA109の“今”  SHIBUYA109の店舗、ラボは好調とのこと。体験価値のニーズが高まると…

【日刊ZOE NEWS】“映え”の先駆者BOTANISTが実践した「SNS競争優位」の作り方 / 米小売…

2019年9月23日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り22日。 “映え”の先駆者BOTANISTが実践した「SNS競争優位」の作り方 Instagramは利用者側やアルゴリズムの状況が変わっているので、活用事例は過去のことであり、抽象化したヒントを得ることが必要…

【日刊ZOE NEWS】デジタルシフトは組織のトップではなく、現場のために必要だ / 〈GMVと…

2019年9月16日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 デジタルシフトは組織のトップではなく、現場のために必要だ コメ兵 藤原 義昭さん(お師匠)のお話は、毎度キレがあり本質をつかれています。 記事内でも言われていますが、トップの戦略とボトムの危機感の両方がないと、…