見出し画像

【日刊ZOE NEWS】「ゾゾタウン」が古着の宅配買取サービスを終了 / 注文用チャットフォーム「SMART DIALOG」 / 10/15(火)はZOEコンテンツのコラボイベント!?

2019年9月26日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

創刊1周年&休刊まで残り19日。

10月15日(火)は「日刊ZOE NEWS創刊1周年&休刊 + 出張ZOE BAR」の交流イベント in Yappli

画像1

お待たせしました!

10月15日(火)は株式会社ヤプリさんのご協力のもと、ZOE BARと日刊ZOE NEWSのコラボイベントとなりました(笑)

参加費は1,000円(事前購入)でドリンクフリーです!

初めての方との交流、お久しぶりの交流も含めて、Yappliの素敵なラウンジで交流してください。

詳細や事前購入は下記でよろしくお願いします。
※ご祝儀プラン、登壇/取材依頼のプランもあります(笑)


「ゾゾタウン」が古着の宅配買取サービスを終了 代わりに「買い替え割」を拡充

注目のZOZOの動き。これはYahoo! の買収前に決まっているはずですが、中古領域に関しては「スケールよりも効率化」に舵を切ったと言うことですね。
狙いは恐らく査定の効率化、買取依頼回収/買取同意の効率化

買い替え割では、過去にZOZOTOWNでの購入が前提となり、そのデータが使えるためAI査定により査定の効率化が上がるでしょう。

また、宅配買取はあくまでもユーザー任意の依頼で内容物の事前把握は正確にやりづらく、専用バッグを送っても回収されないケースもあります。
一方、買取替え割ならユーザー・ZOZOともに買取価格がわかるため回収率が上がるでしょうし、宅配買取の時のような「買取価格の同意」などのやりとりも減るでしょう。

これによって「買取件数自体は減少→在庫は多少減る→ユーズドの売上は減る」ということになります。
しかし、これも織り込み済みのはずで、2020年3月期のユーズドの目標は169億円 成長率-0.4%で組んであるからです。

画像2

<引用>2019年3月期通期決算説明会資料 | ZOZOコーポレートサイト

さらなる展開としては、ヤフオク!とどう連携していくのか?が気になります。


独自のフォームが作成可能、注文用チャットフォーム「SMART DIALOG」

LINE APIも同様ですが、チャットコマースが徐々に拡大してきている中で、情報入力のインターフェースが重要だと捉えています。なので、この機能は良いですね!

ECシステムとして提供すると会員データとの連携がはかりやすいがシステムに依存してしまう。
ツール提供は導入しやすいが、データ連携は重たくなる。
これも優先順位次第です


※タイトル画像※
WWD JAPANより引用
https://www.wwdjapan.com/articles/945654


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼仕事術やデジタルトレンドを熱量こめてお話しする音声コンテンツ: ZOEラジオ
▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがたか~
2

川添 隆と皆で模索する、小売ビジネス・働き方ノート/エ...

ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。