見出し画像

【日刊ZOE NEWS】10月15日 創刊1周年からの休刊、イベント・募集などのお知らせ

2019年9月17日(火)の日刊ZOE NEWSは休刊やその背景についてお知らせします。

あと1か月で1周年

2019年10月15日で“日刊ZOE NEWS”は1周年を迎えます。ご愛読いただいている皆様、本当にありがとうございます。

そして、10月15日をもって、“休刊”することにしました。
今後は不定期で更新し、NewsPicksのコメントも減らす予定です。

もし、「継続運営のために私が運営をサポートしたい!」という方がいらっしゃったら、FacebookやTwitterでメッセージをください。

1年前、なぜはじめたのか?

それは、ファッションブロガーMBさんに会ったからです。

彼の圧倒的なアウトプット量、そして、彼のコミュニティの方々のお話を聞いてハッとしました。「私は色んな媒体で取材を受けるけど、“川添隆の考え方”に触れるホームがない。そして、アウトプットの量自体も少ない。」ということに気づき、翌日からスタートしたのが日刊ZOE NEWSです。

工夫したことは「継続できるやり方の構築」です。
更新のカンタンさを担保するために、プラットフォームはnoteを選択し、NewsPicksでの毎日2〜3回(前年の2倍くらいの投稿)のコメントを掲載することで、とにかく、ズボラな私でも継続できるようにしました。
更新するのは、だいたい通勤時の電車の中。
しんどい日は昼や夜を使って更新をしてきました。

日刊ZOE NEWSで何を得られたか?

結果的に、この実験的な取り組みによって下記を得ることができました。

1.365日欠かさず更新できた実績(1ヶ月後ではありますが)
2.優良読者(読者は各企業のデジタル領域の役員・責任者、経営者の方がメイン)
3.概要や自身の考えを短時間で文章にまとめるスキル
4.毎日ニュース更新する川添隆という顔
5.仲間をレコメンドできる場所
6.自身でのはじめての取材記事
7.既存メディアへの影響(まさにZOZOの一件の取材では、記者の方は私のコメントを見た上で取材いただきました)
8.メディア運営の一定程度の理解(あくまでも一定程度です)
9.ライティングにおけるプロとアマの質の違い(私はもちろんアマです)
10.会ったことがない人が継続購読してくださる喜び

今振り返りながら列挙したのですが、本当に多くのことを得られたと感じます。

なぜ休刊するのか?

時間と情熱を次の新たなコトへ注ぎたいからです。

これまでの更新時間はコメント含めて1時間/日です。
NewsPicksのコメントを1つあげるだけなら5〜15分ではできるので、日刊ZOE NEWSのために費やしたのは、だいたい50分/日くらい。
年間だと300時間強です。

また、なんと言っても、毎朝プレッシャーと闘ってきました。
「継続できる方法」でやっているとは言え、プレッシャーはかかります。
すると、自身の“やる気”をそこに一部使ってしまうことになります。

自分自身がセミナーなどで「限られたリソースで新しいことをやるには、何かを削らなければならない」と言っていますが、1周年を区切りとして、私自身がそれを決断する時がきたと思っています。

今後何にチャレンジするのか?

ZOE BARなども含めてコンテンツとやり方の整理をします。
また、当面は原宿のshackのプロジェクトをつめていきます(クラウドファンディングは概要文のみです)。


詳細未定ですが、10月15日(火)に日刊ZOE NEWS創刊1周年&休刊をキッカケとした交流会をやろうと思います。詳細は追って。


改めて募集

下記の領域で募集しておりますのでよ、メッセージをくださいませ。

○10月15日(火)のイベントの運営をしたい人 ※対価は経験・つながり
○日刊ZOE NEWSの運営を引き継ぎたい人 ※対価は経験・場
○ZOE BARをよりアップデートするための運営メンバー ※対価は経験・つながり・場
○shackの運営に関わりたい人 ※対価は一部の少額フィー・経験・場
○川添隆の全てを盗みたい人(プロジェクト単位orインターンor採用) ※対価は一部の少額フィー・経験・つながり


10月15日まで毎日継続しますが、今後ともよろしくお願いいたします。


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼仕事術やデジタルトレンドを熱量こめてお話しする音声コンテンツ: ZOEラジオ
▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
17
ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。