見出し画像

【日刊ZOE NEWS】日本の生理用品市場をECでゲームチェンジ、ハヤカワ五味の新たな挑戦 / Amazon、新機能「Web接客型Amazon Pay」の提供を開始

2019年10月8日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

創刊1周年&休刊まで残り7日。
10月15日(火)はみんなでお祝い・交流!

日本の生理用品市場をECでゲームチェンジ、ハヤカワ五味の新たな挑戦

まだ直接お会いしたことないですが、毎度、ハヤカワ五味さんの「頭のキレ」度合いに驚かされます。

海外では生理用品やオムツのD2Cが出てきてて、そこに注目するのは誰でもできるのですが、今回の取り組みの“選択の潔さ”は素晴らしいです。
あとから聞けば「それは合理的だね」と思いますが、これを立ち上げる側で冷静に判断するのがすごいですね。

例えば、今、企業側はアプリにするか?LINE配信の値上げをどうするか?を気に病んでいます。
ランニング費用を考えると、アプリの選択もあるのですが、このイルミネートの場合は、 CRMを一体としているので、LINEを潔く選択しています。

課金制や広告掲載で収益化している従来のアプリは、月2〜3回しか開かないことを不便に感じていました。でも、「イルミネート」は物販で収益を上げることで、予測機能は広告なしのフリーで提供します。ビジネスモデルの観点から、使用頻度の高いLINEといういつも使う動線にあった方がいいと思いました。

また機能のシンプルさも、ユーザー目線から。

従来のサービスでは「妊娠しやすい日」を教えてくれる機能が付いていて、“生理のある女性が皆妊娠する”という前提であるところに疑問を感じました。また、「痩せやすい日」を表示する機能は、“女子は皆ダイエットしたい”という固まった観念。私は痩せていることがコンプレックスで、「逆に太りやすい日を教えてよ」と思ったことがあります(笑)

確実にこういう経営者や事業が成長して行った方が、全体としては良くなっていきますね。


Amazon、新機能「Web接客型Amazon Pay」の提供を開始ー入力フォーム離脱率の改善に貢献

決済側からの接客?!

オンラインでもPay戦争が起きている中でのAmazonの一手にも見えますが、実際、EC事業者側からするとAmazon Payはスムーズな注文情報入力、決済を通じて会員獲得や非会員へのスムーズな購入体験を提供できるメリットを得ています。

一方、決済手数料の観点では、EC事業者としては「手数料がやすい方にいってくれたら、、、」と思いがちですが、それもユーザーの選択次第になってきます。

いずれにしろ、複数サイトを利用する場合は、ID決済の方がストレスがないので、導入は進んで欲しいです。


第3弾クラウドファンディングは近日公開

画像1

近日中に公開しますので、ぜひ先に見ていただける嬉しいです。

https://camp-fire.jp/projects/197074/preview?token=ukaxa98v



※タイトル画像※
WWD JAPANより引用
https://www.wwdjapan.com/articles/955107


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼仕事術やデジタルトレンドを熱量こめてお話しする音声コンテンツ: ZOEラジオ
▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがたか~
5

川添 隆と皆で模索する、小売ビジネス・働き方ノート/エ...

ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC

日刊ZOEニュース

ほぼ毎日、NewsPicksにコメントしていますが、NPを使っていたい方のためにも、日刊ZOE NEWSとして、ECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。