【日刊ZOE NEWS】創業1年半で月商3000万円超えした家具ブランド「かなでもの」の成長ファクターは商品写真? / 待たずにお持ち帰り!EPARKテイクアウトお取り置きサービス
見出し画像

【日刊ZOE NEWS】創業1年半で月商3000万円超えした家具ブランド「かなでもの」の成長ファクターは商品写真? / 待たずにお持ち帰り!EPARKテイクアウトお取り置きサービス

2019年10月4日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

創刊1周年&休刊まで残り11日。
10月15日(火)はみんなでお祝い・交流!


創業1年半で月商3000万円超えした家具ブランド「かなでもの」の成長ファクターは商品写真?

テックやデータマーケティングをのやられていた方がはじめるブランドは、力強くかつしなやかにビジネスを成長させている印象があります。

「かなでもの」という家具に引っかかって記事を見て、風貌も変わりすぎてて気づきませんでしたが、AI搭載型のWEB接客ツールのはしりであるZenClerkのファウンダー音田 康一郎さんが手がけられています。

ブランドとしてあれもこれもを詰め込み過ぎず、潔い選択をされていますし、空間づくりのために観葉植物の事業、不動産仲介事業を行われているのもユニークです。

ブランド戦略からマーケティング戦略まで、濃厚に語られていますので、この記事はオススメです。

そして「注目ブランド」としてロックオンしました(笑)


待たずにお持ち帰り!EPARKテイクアウトお取り置きサービス

単純にこれはよいサービスですね。

プラットフォーマーやショッピングセンターは「お店の集合」と「利用価値を含めたアクセスのしやすさ」に強みがあるため、こういったことは促進されていくでしょう。


※タイトル画像※
ECのミカタより引用
https://ecnomikata.com/original_news/23810/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼仕事術やデジタルトレンドを熱量こめてお話しする音声コンテンツ: ZOEラジオ
▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
川添 隆と皆で模索する、小売ビジネス・働き方ノート/エバン合同会社

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

今後のパフォーマンスでお返します!
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ SNS・書籍などの一覧→ https://bit.ly/2SimYHX