見出し画像

【日刊ZOE NEWS】ディスカウントのみの場ではない、H&Mがロイヤリティープログラムで目指すこと/「メルマガはもう効果がない」は間違い、顧客とのコミュニケーションツールの考え方

2019年7月3日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

ディスカウントのみの場ではない、H&Mがロイヤリティープログラムで目指すこと

[「Story Telling」ではなく「Story Doing」]このメッセージは、痛烈に私の中で響きました。

伝えるだけではなく、ブランドそのものを体感してもらうこと。

リアル店舗やデジタルチャネルはブランド体験の場の1つではありますが、多面的に伝えられるか?というと一定の制約があります。

H&Mが定期的にイベントに投資をしながら、「Story Doing」に徹しているということは初めて知って驚きました。

まず一歩を踏み出すことはどのブランドでもできそうなので、とても参考になりました。


「メルマガはもう効果がない」は間違い、顧客とのコミュニケーションツールの考え方 

最近、当社ECのメルマガに関するアンケートでも「メールを見なくなった」「メルマガとLINEの両方を見ている」という回答が多く、メルマガからのシフトは起こっているでしょう。

一方で、他社のECの話しを集めると、今でも、メルマガ経由売上はサイト全体の10〜40%を占めているのも事実です。

メルマガも一つの手段だとすると、「ユーザーとの間にどんな“約束”をするか?」が大切だと思っています。
期待値に対して、どんな情報をどういった頻度で届けるか?を決めること。

それができていれば、「北欧、暮らしの道具店」のように毎日メルマガを送っても、ファンとの関係を築けるのではないでしょうか。


※タイトル画像※
ECzineより引用
https://eczine.jp/premium/detail/6789


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
川添 隆と皆で模索する、小売ビジネス・働き方ノート/エバン合同会社

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

やったー!
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ SNS・書籍などの一覧→ https://bit.ly/2SimYHX