見出し画像

【日刊ZOE NEWS】Amazon、米国Prime会員が約1億人、商品別の成長率は約20%。そろそろ勘弁してほしい。

10月20日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.ライバル企業が着実にシェアを伸ばしているが、Amazonは引き続き2桁成長
2.「米国Prime会員がまもなく1億人」って!


ライバル企業が着実にシェアを伸ばしているが、Amazonは引き続き2桁成長

ここまでライバル企業と比較してくれるのは、ありがたい分析ですね。

もともと、Amazon(アマゾン)と言えども、得意な商品カテゴリと不得意な商品カテゴリがあるのは周知の通り。
日本だとファッションや、私がやっているようなコンタクトレンズはまだまだシェアが低いでしょう。

企業でEC改革を行ってきた身としては、改善や改革が短期的に進んでいる企業の方が、“成長率”が高いのは当然だと思いました。改善は改革の幅が大きければ、その分成長もしやすい。

一方で、Amazonが今でも約20%の成長率を保っているのは、企業のEC担当の本音としては「勘弁してくれよ」という感じです。


「米国Prime会員がまもなく1億人」って!

1億人を日本の人口で言えば約80%。2017年の米国の人口が約3憶2,589千万人ということは、だいたい3人に1人はプライム会員ということになります。

日本よりも3倍強の年会費で、国レベルの人数の有料会員がいるというのは、新たなビジネスのアイデアが自在でしょうね。逆の見方では、それほど依存度が高いサービスを現時点でもできている評価ともいえるでしょう。


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

-------------------------

▼オンデマンド書籍
キレイなECの戦略論ではありません。
前半は「アウェーの中でどのように実現していくかの方法論」、後半は「先駆者たちの方法論」を書いております。
「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く

▼オンラインサロン
10代~40代までの濃いメンバーで、主にECをテーマとした議論や交流をしています。私に対する質問は惜しみなくお答えします。
興味のある方はコチラ↓
『川添隆EC実験室(ZOEラボ)』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

今後のパフォーマンスでお返します!
4
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。