見出し画像

【日刊ZOE NEWS】「ユニクロがECに対して本気」は本当だった

10月16日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、「ユニクロのEC売上が630億円に到達」したというニュースです。

ユニクロのECは本気です!

「ユニクロがECに対して本気を出す」と言われてきましたが、この1年間の伸びはそれを結果として示したと言えるでしょう。

上記の記事には、新たな取り組みの一例として、店頭受取で送料無料、Apple Pay導入、AIチャットの活用が記載されているものの、売上の積み増しに直結しているのは、33周年記念セール「誕生感謝祭」や、在庫投入を含めたMDなんじゃないかなとと思います。

ユーザーとしては、数年来、店舗でもECでもサイズ欠けが気になっておりました。また、数年前の話ですが、ECはあくまでも1店舗として在庫を保有している聞いておりました。日本でも有数の流入があるECサイトだけに、売上につながるのは商品だと私は捉えています。

具体的な要因は引き続き調査をしていきますが、単一ブランドのECサイトで630億円とは恐れ入ります。
※例えば、アパレル企業のECでトップランクの自社ECサイト[.st](ドットエスティー)の売上は2018年2月期で約172億円


ECにおけるチャット接客はトレンドは来ている

国内ECにおけるチャット活用に関しては、まだまだサイト全体に影響を及ぼすほどではないが、「企業としての集合知」をいかしたり、ファンをつけるには有効だと捉えています。

早期から取り組んでいるナノ・ユニバースでも、半年~1年かけてようやく売上に直結してきたという手ごたえとのこと。一方で、「担当者を指名する」ような顧客化にもつながっているという話も聞いています。

ご存知の通り中国ではECでのチャット接客は不可欠ですが、日本においては、下記のような段階があるのではないかと考えています。
①配送まわりやサイト利用などのFAQ、お問い合わせの代替
②ある程度商品のイメージが顕在化した場合の検索の代替
③プロにアドバイスを求める欲しいという接客

この領域も確実に今後需要は増えていくだけに、自社のチャット接客ノウハウや、AIのチューニング・活用バランスのノウハウをもつ企業が先行優位になりそうです。今後も活用事例に注目していきます。

ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

-------------------------

▼オンデマンド書籍
キレイなECの戦略論ではありません。
前半は「アウェーの中でどのように実現していくかの方法論」、後半は「先駆者たちの方法論」を書いております。
「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く

▼オンラインサロン
10代~40代までの濃いメンバーで、主にECをテーマとした議論や交流をしています。私に対する質問は惜しみなくお答えします。
興味のある方はコチラ↓
『川添隆EC実験室(ZOEラボ)』





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたい限りです!
2
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。