見出し画像

【日刊ZOE NEWS】米「WWD」記者が綴る川久保玲への畏敬 / 高級ECファーフェッチ、ジャパンのオフィスに上顧客向けショッピングスペース開設

2019年7月27日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

米「WWD」記者が綴る川久保玲への畏敬

表現される意匠とは裏腹に、ビジネスに対する捉え方が非常にシンプル。
知れば知るほど哲学的なものを感じるのに、本人は美化されることを拒み、あくまでの“ビジネスの手段”と言い切る。
こういったすべてがコムデギャルソン、そして川久保玲氏の魅力であり、国境を越えて惹かれる人がいるということでしょうね。

一方で、「ビジネス=お金と価値の交換」だからこそ、どんなスタートであっても、ブランド理解の濃淡があっても許されるのかもしれません。
もちろん、ファンはファンのコミュニティがあるはずですが、初心者であっても許容される。

また、チャネル展開の観点では、ブランド設立当初に、当時の小売主力チャネルであった専門店、その中のトップである“鈴屋”での展開をおさえているのを知ると、当初から“ビジネス=商売”が根底にあったんだなと感じます。

グローバルのファッションにおいて、唯一無二の存在であり続ける人物・ブランドが、日本から生まれていることを誇りに思います。

そして、はるかに手の届かない存在でありながら、多くの影響をもらっていることに改めて感謝いたします。


高級ECファーフェッチ、ジャパンのオフィスに上顧客向けショッピングスペース開設

かつてルイヴィトンで展開されていた伝説のセレクトショップ「セリュックス」のように限られた人しか入れないスペース。
セリュックスはさらに有料でしたが、ファーフェッチの場合は年間150万円以上の購買ユーザーであれば入れるとのこと。

バイイングが前提だとバリエーションの幅は狭くなりますが、ファーフェッチであればショールーム感覚で色んなモノに触れられそうですね。

これも体験の1つということでしょう。


※タイトル画像※
WWD JAPAN VOL.2093より引用


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがたか~
1
ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。