【ZOEドリル】複数のブランドを展開しているが、ECとして、LINEのアカウントを分けるか?それとも1アカウントにするか?
※一定の投資は可能

最もシンプルな答え例 : ECとしては1アカウント

→この答えでも運用観点や連携観点でも狙いがあるはず。もう一声!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたか~
2
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEドリル
ZOEドリル
  • 15本

正解はないけど、不正解は存在する。 考える“型”をつくるためのトレーニングをするためのシンプルなドリルです。 特に、ECにおいては、専門用語や計算式は専門書に書いてあっても、“型”は上司が伝えたり、外部セミナーや事例でしか習得する機会がないのではないのでしょうか? 正解はないけど、不正解はあるような思考のトレーニングをやっていくことで、“型”を身につけていけないかと考えました。 コメントに解答するもよし、誰かとディスカッションするもよし。使い方はご自由に。

コメント (2)
以前ローソンのLINE@の話を伺った時に
ローソンでは店舗毎にLINE@のアカウントを作って地域毎の施策を打っているというのを聞きました。(店舗が独自の運用しているわけではないですが)
それと同じように同一EC内でLINEアカウントを分けるのもありかと。
あくまでECのメインとなるのは一つとしても
各ブランド毎に顧客とコミュニケーションを図るアカウントがあっても良い?
@jun_spf さん 解答ありがとうございます。

同一EC内でLINEアカウントを分ける→ありですね!
非認証アカウントであれば確実に上記は可能ですが、認証で通っている例は少ない可能性があります(一度問合せしましたが、業態のカテゴリでは取れる可能性がありますが、店舗内カテゴリは聞いたことがないので)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録