見出し画像

デジタル時代における印刷物の可能性/人を巻き込む発信とはーー野毛印刷社 和田 紘樹【#ZOEラジオ 第52-53回】

ゲストを招き、お互いが訊きたいことをトークテーマとして、ゆる~く語っていくstand.fm音声チャンネル ZOEラジオ

第52-53回は、販促デザインを得意とし、ワンストップでサービス提供されている横浜の印刷会社、株式会社野毛印刷社でマーケティングを担当されている和田 紘樹さんがゲストです。

ゲストプロフィール

和田 紘樹
株式会社野毛印刷社 マーケティング業務・営業推進担当

1982年生まれ。野毛印刷社ではリード作りから営業の受注獲得から、ネスカフェアンバサダーまで、幅広く仕事に従事。印刷業界は斜陽産業と言われる中、まだまだやれることはあると日々奮闘中。デジタルが溢れるからこそ見えてくるアナログの大切さを探求。

Twitter:https://twitter.com/dawakirohi
コーポレートサイト:http://www.noge.co.jp/


デジタル時代における印刷物の可能性

川添→野田さんへのトークテーマ
https://stand.fm/episodes/5f2cf5292c5b243eb739ab9f

<概要>
◯Kindleよりも紙の本が好き
 ・必ずしも利便性に置き換わってはいかない
◯デジタルは平面であり、紙などのリアルなものは奥行きがある
◯印刷物の役割の1つは印象に残ること
 ・紙も進化している
 ・紙の選び方でも、ブランドのストーリーや会社の思想を伝えることができる
◯電子ギフトと印刷物とのコラボレーションをやっている
 ・形に残らないものを形にする
 ・メッセージを伝えるための気の利いた人間味のあるサービスの必要性


情報発信の重要性と人を巻き込む発信とは?

野田さん→川添へのトークテーマ
https://stand.fm/episodes/5f2cfac00ae6b025c4226c13

<概要>
◯「発信しなければ誰もあなたのことを知らない/発信してもあなたに関心はない」のが前提
◯つながりたい人に「最近どう?」を届ける
 ・それが個人のタグづけになる
 ・個人としてのリピーター施策
◯どんなに好きな相手でも日常では忘れてしまうもの
 ・発信は思い出してもらうキッカケ
◯「人を動かす・巻き込む」ための情報発信
 ・受ける側の情報の受け取り方が違うのが前提
 ・動機づけには自分ごと化してもらう必要がある→1:1や1:少数の使い分けが必要
◯個人にラベルをつける
 ・社内でも「あいつは●●が得意」というラベル
 ・ラベルがつくと剥がすのは難しいが次が開ける


レターお待ちしています

stand .fmのレターも募集しております。また、聴いた感想や質問をTwitterとかで頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。
そして、次回もお楽しみに♪
https://stand.fm/channels/5d533276d6c5b49c99c8dac9/letter


ECエバンジェリスト 川添 隆(Twitter:@tkzoe

▼YouTubeチャンネル: 川添隆のいいコマース学
▼ゲストを招いてのコラボ音声配信(stand .fm):ZOEラジオ
▼仕事術やデジタルトレンドをゆる~くお話しする音声コンテンツ(Radiotalk): 川添隆のいいコマース学ラジオ
▼川添隆と1 on 1ができる?!LINE公式アカウント: 友だち登録はコチラ
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

やったー!
3
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 514本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。