見出し画像

【日刊ZOE NEWS】2019年春以降の通数課金対策の1つは、ユーザートリガーによるLINE配信/スタバとLINEとUber Eatsが手を組み、決済と配達を強化

11月11日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.2019年春以降の通数課金対策の1つは、ユーザートリガーによるLINE配信
2.スタバとLINEとUber Eatsが手を組み、決済と配達を強化
3.その他、コメントはしていないけど注目ニュース


2019年春以降の通数課金対策の1つは、ユーザートリガーによるLINE配信

2019年春以降のサービス統合・通数課金の対策としては、現状の無駄な「プッシュ配信数」は減らしつつ、成果がでる配信に関しては、継続したり、新たに導入することが必要になります。

この記事ではWazzUp!の導入事例を4つ紹介してあります。

ブランドや業態によって、商品特性が異なるものの、「ユーザートリガー」に基づいてLINEを配信する方がより効率的なのは間違いありません

「やるならMAもやりたい・・・」と考える企業もありそうですが、まずは自ブランドのベストシナリオを見出して、投資を大きくしていくほうがベターです。


スタバとLINEとUber Eatsが手を組み、決済と配達を強化

米国ではすでスタートしているモバイルオーダー&ペイ。

ジョンソンCEOの明言しているだけに、日本でもこの環境を作っていくということですね。

お店に来る前にオーダーをして、来店した時にはすでに飲み物ができている、という状態をつくる。店のテーブルでもオーダーができるようになる

LINEとスターバックスのモバイル決済のプラットフォームを統合は、LINEのユーザーカバーの広さと、決済手数料におけるコストメリットがあるからだと思われます。

また、Uber Eatsとの連携による宅配も発表されています。
システム開発からの順序を考えれば、この宅配の拡大が先に進んでいきそうですね。


■ 注目を集めるラッキンコーヒー(luckin coffee)

以前、NewsPicksでもコメントした中国のラッキンコーヒー(luckin coffee)が注目を集めています。

彼らはキャンペーンという側面でなく、ユーザーのアクティブ率に重きを置いているところが従来の飲食・小売りとは異なるIT企業的な発想。

しかも、常にアツアツを出してくれるサービスレベルだと聞きます。

<追記>師匠のオムニチャネルコンサルタント逸見光次郎さんのコメントをご紹介します。

五月の視察時に、主催のCDI社是枝さんのお勧めで、実際にアプリでオーダーして利用しましたが、まさにアプリファースト・顧客ファーストでした。

わかりやすいUI、出来上がり時間の案内と、受け取ると同時にクーポン。是非次回も、と一日2回以上利用してもおかしくないコーヒーという商品特性と、リピートと拡散こそが次の投資を呼び込む成長に繋がるとよく理解しているアントレプレナーだから、のサービスでした。

何より驚いたのは、時間通りに着いて受け取った同行者のコーヒーが冷めていて、伝えたら、すぐに淹れ直してくれたこと。このオペレーションが500以上の店舗で行われたら、スタバ追いつかれますね。ラッキンの方が中国人に合っていると思うからです。

テンセントをパートナーにしたのもサービス特性と一致しており(口コミと少額決済)、スタバ&アリババより強みを発揮するでしょうね。

従来の飲食・小売りは、「目の前のお客様の購入」に重きを置いてきましたが、アリババやアマゾンは、「目の前のお客様の購入前・購入後の付き合い方」まで設計されています。

それを可能にするためにテクノロジーがある。
ECが主体というわけでなく、「オフラインでのゲームチェンジを仕掛けている」ということを見落とすと、既存事業者は食われていくでしょうね。


その他、コメントはしていないけど注目ニュース

メルカリ、この四半期も25億円の赤字。海外事業が影響
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/08/news114.html


※タイトル画像※
SHOPAHOLIC

「今後のLINE運用は配信の出し分けが必須!通数課金対策に取り組むLINE@アカウントをご紹介!」のページより引用
https://shopaholic.jp/line20181103/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

-------------------------

▼オンデマンド書籍
キレイなECの戦略論ではありません。
前半は「アウェーの中でどのように実現していくかの方法論」、後半は「先駆者たちの方法論」を書いております。
「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く

▼オンラインサロン
10代~40代までの濃いメンバーで、主にECをテーマとした議論や交流をしています。私に対する質問は惜しみなくお答えします。
興味のある方はコチラ↓
『川添隆EC実験室(ZOEラボ)』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

今後のパフォーマンスでお返します!
6
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 514本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。