見出し画像

【日刊ZOE NEWS】ICCサミットの続き、クラシコム青木 耕平氏が語る「IP=知的財産権」の強さ/「学校跡」という場所はワクワク感がある<ZOE祭>

2019年4月17日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

ICCサミットの続き、クラシコム青木 耕平氏が語る「IP=知的財産権」の強さ

今年のICCサミットFUKUOKA2019で、私自身の大きなお土産になったのは下記の話でした。

その続きとなるような、ツイートがされていましたのでご紹介します。

その後にやり取りさせていただいたのですが、さらに下記のような言葉をいただきました。

過去に遡って楽しめるコンテンツはこの性質を持っていると思っていて、突き詰めるとフィクションの物語かロングセラーのプロダクトを作るしか無い

まさにおっしゃる通りだと感じます。

前者の「フィクションの物語」は、例えばロングセラーの漫画も童話(ディズニーによる再編も含めて)などが当てはまりますよね。
時を超えて楽しめるコンテンツであり、それは強いIP(知的財産権)だと思います。

後者の「ロングセラーのプロダクト」は、例えば私が好きなNIKEのエアジョーダンシリーズやエアマックスシリーズもあてはまるんじゃないかと。

では、どちらの方がより難易度が高いかということです。
そして、誰がこのIP(知的財産権)をつくると、よりハマりやすかったり、ビジネスとしてもうまくいきやすいのか。

最後の投稿にヒントが隠されていると思います。

小売り軸で見たときも、何度も思考する必要がありそうな内容ですが、青木さんの言葉には毎度大きなインパクトがあります。

そういった言葉をお見逃しなく!


その他、コメントはしていないけど注目ニュース


「学校跡」という場所はワクワク感がある<ZOE祭>

4月17日(水)8時30分時点の状況です。

壇者を含めない当日参加100名の目標まで【あと33名】です。

再度、IID 世田谷ものづくり学校の会場を内見してきましたが、毎度行くたびにワクワク感があります。

自分自身が小学校時代は当たり前のように行っていた学校ですが、大人になるとその時のワクワクが蘇ってくるのかもしれません。

私自身が初めてIID 世田谷ものづくり学校を訪れたのは、オールユアーズが主宰するLIFE SPEC CO-OPです。
※今年も面白いらしいのでお楽しみに

その時の印象があって、今回のZOE祭の会場にさせていただきました。

すでに小中学校のお子さんがいらっしゃる方はたまに行かれているかもしれませんが、こういった「ワクワク感のある場」に足を運ぶのも、脳のリフレッシュに良いかもしれませんし、ぜひワクワク感を持ち帰ってもらえたらと思います。

参加をご希望の方は、CAMPFIREにてお好きなリターンをご購入ください。

検討中の方は、Facebookイベントページで「興味あり」をポチっていただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/events/326572154670156/

登壇者プロフィールや展示・物販ブースのブランド・人の紹介は下記をご覧ください。


※タイトル画像※
クラシコムジャーナルより引用
https://kurashicom.jp/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたか~
1
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 514本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。