見出し画像

【日刊ZOE NEWS】「楽天市場」の送料無料ラインを全店舗統へ/「動いて壁に当たってまた動く」の繰り返し、逸見氏の組織の動かし方 【鈴木康弘×逸見光次郎】

2019年1月31日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.「楽天市場」の送料無料ラインを全店舗統へ
2.「動いて壁に当たってまた動く」の繰り返し、逸見氏の組織の動かし方 【鈴木康弘×逸見光次郎】


「楽天市場」の送料無料ラインを全店舗統へ

楽天市場依存度が高い企業にとっては、影響が大きいルール変更です。

出店者としては、以下の影響が出そうです。
・楽天全体として統一されれば、送料無料ラインによる争いは減る
・送料無料ラインを変化させる販促手段が減る
・どの価格で線引きされるかにより、低単価商材は商品化価格に転嫁が必要

一年ほど時間をかけていくとのことですが影響はいかに?

こちらの記事もあわせてご覧ください。


「動いて壁に当たってまた動く」の繰り返し、逸見氏の組織の動かし方 【鈴木康弘×逸見光次郎】

改めて伺うと、逸見さんのキャリアは一見華々しいですが、都度課題にぶち当たり、とにかく行動をされていることがわかります。

動きながら結果を出す。信頼を得た段階で、わかりやすい言葉でやりたいことを伝える。

こういった、「動いて壁に当たってまた動く繰り返し」をできる人は、大組織の改革には必須だと捉えています。

皆を巻き込むため、皆が理解しやすい「人間力EC」のような言葉を生み出すことで、経営を巻き込んでダイナミックに方向付けできるのは、大組織の強みともいえるでしょう。

また、奥谷さんと田中さんの回でも、勉強してよいけど実行せよ!というメッセージがありました。
この業界でも、逸見さんの動きの早さ、執念はトップクラスだと感じます。

しかし、なぜ皆は動かないのか?
組織や意思決定という理由もあるでしょうが、私の感覚では「“正解”が見つかるまで探したい」という企業や担当者が多い印象です。

私の経験からすると、「あらゆる企業にあてはまる“正解”の手段」はありません。
また、昨日の正解が今日の不正解になることもあります。
正解に近づくには実行が一番早いはずです。
なぜなら、“解決すべき問い”は自社の現場にしかないからです。

では、今日も動きましょう!


<告知>創刊100日企画第1弾、「LINE通数課金の赤本」プレゼント。LINE友だち登録して抽選にご参加ください。
友達登録はコチラ → https://bit.ly/2DXgy8r


※タイトル画像※
ネットショップ担当者フォーラム[「楽天市場」の送料無料ラインを全店舗統一する――楽天・三木谷社長が方針説明]より引用
https://netshop.impress.co.jp/node/6172


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼トークイベントのライブ配信&まとめ記事: ZOE LIVE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼考え“型”のトレーニング問題: ZOEドリル
▼自著の続編 有料記事: 続・「実店舗+EC」戦略、成功の法則
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
2
ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。