見出し画像

【日刊ZOE NEWS】ZOZOUSED、古着の値付けをAIで ─ 「手放す」を社会に浸透させる / 「SHOPLIST」が2枚の全身写真で採寸できるAI技術bodygramを導入

2019年7月18日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

ZOZOUSED、古着の値付けをAIで ─ 「手放す」を社会に浸透させる

すでに半数のアイテムをAIで値つけをしており、価格をつけたときの的中率(AIの値付けで実際に商品が売れた確率)は、AI導入前の約1.5倍というのはインパクトありますね。

値つけの対象は下記のようにデータがあるものということですが、ここを見極めていく過程に苦労があったんだろうと察します。
* ZOZOTOWNで取り扱いのある商品
* 過去にZOZOUSEDで販売したことのある商品

1次流通の実売価格の変動が激しいので、ZOZOTOWNでの実売データは、値つけの精度アップにかなり役立つでしょうね。

また、ユーザーとしてはなかなか判断しづらいものの、買取金額アップは買取のリピート率向上につながるのではないでしょうか。
買取単価が平均200〜300円アップというのは、少なく聞こえるかもしれませんが、恐らく平均的には5〜10%のアップ(特に単価が低くなりやすいレディースアパレル)のインパクトがあると思います。

今後の画像AIを使ったレコメンデーションは楽しみにしております。


「SHOPLIST」が2枚の全身写真で採寸できるAI技術を導入、適切サイズのレコメンドや「バーチャル試着体験」を実現

オンラインカスタムシャツブランドOriginal Stitchを展開するOriginal Inc.として開発してい「bodygram」のB to B提供の第1弾です。

ZOZOスーツの一件以降、サイズ取得による提案は一旦収束モードな感じではありましたが、むしろ少しずつサービスに入り込んでいたり(例:FABRIC TOKYOのポロシャツ)、よりシンプルなツールとして提供されています。

中でも、「bodygram」は撮影だけで誤差が少ないのが特徴だと捉えていますが、今後は他のサイトへの導入も進んでいきそうな予感があります。

毎度ながら、SHOPLISTは外部パートナーを使って新しい技術を取り込まれていますが、スピードが早いですね。


※タイトル画像※
Ledge .aiより引用
https://ledge.ai/zozoused/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたい限りです!
5
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 515本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。