見出し画像

伊藤久右衛門、LINEだけでなくライブコマースの領域もいち早く挑戦/スマートグラスは、まだまだ継続的な挑戦が必要【日刊ZOE NEWS】

10月28日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.伊藤久右衛門、LINEだけでなくライブコマースの領域もいち早く挑戦
2.スマートグラスは、まだまだ継続的な挑戦が必要

ライブコマースも、スマートグラスも「挑戦」が必要な領域ですね。


伊藤久右衛門、LINEだけでなくライブコマースの領域もいち早く挑戦

※上記は有料記事です

この記事の冒頭に登場する伊藤久右衛門は、ご存知の方も多いと思いますが、Facebook・LINE活用はこの業界のトップレベルの域にいっているブランドです。

アドテック京都のセッションで、伊藤久右衛門の足立さんにライブコマースについてお話いただきましたが、「外部のプロが演者でスタートした時は売れず、スタッフが演者になって売れ始めた」というのは興味深かったです。

この記事にも書いてありますが、まさに「接客の拡張」

ECは店舗がなくても購入をキャッチできますが、店舗がない地域は広告を出してもなかなか認知につながらなかったり、ECに来訪してもユーザーとの距離をつめにくい。
プラットホームでライブコマースでは、たまたまの閲覧者もでてくるでしょうし、距離をつめることもできる。

人間とテクノロジーがうまい具合に組み合わさった産物ですね。

メルカリチャンネルの出店企業インタビューの様子は下記で見ることができます。


スマートグラスは、まだまだ継続的な挑戦が必要

スマートグラスが一般ユーザー向けに広がっていくには、価格と、用途の明確化が必要かなと感じます。

価格面は10万円を切る、用途はフツーの状況なら「あったらいいな」のレベルになりがちで、利用シーンのモデルが必要でしょう。
加えて、常用する際の視覚領域をどのように棲み分けると良いか?の検証が必要そうです。

両眼の網膜投影式だと、恐らく見え方自体は問題ないかもしれませんが、位置の調整には専門家が介在する必要がありそうです(眼科や眼鏡屋の出番?)。

この領域の挑戦は、当社もそうですが、色んなアプローチがまだまだ必要だと感じております。

先日のIOFTでも改良版を出しておりましたが、エンハンラボのB2B向けウェアラブル端末は下記です。


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

-------------------------

▼オンデマンド書籍
キレイなECの戦略論ではありません。
前半は「アウェーの中でどのように実現していくかの方法論」、後半は「先駆者たちの方法論」を書いております。
「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く

▼オンラインサロン
10代~40代までの濃いメンバーで、主にECをテーマとした議論や交流をしています。私に対する質問は惜しみなくお答えします。
興味のある方はコチラ↓
『川添隆EC実験室(ZOEラボ)』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

今後のパフォーマンスでお返します!
1
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。