見出し画像

【日刊ZOE NEWS】スマホで叶うサロン体験!日本初のパーソナライズヘアケア、リニューアルへ/チャネルをまたいだO2Oマーケが可能なWeb接客ツール、後発登場により再編はあるか?

2019年4月19日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

「1日ZOE BAR」に関しては、間に合わずまた改めて書きます。

スマホで叶うサロン体験!日本初のパーソナライズヘアケア、リニューアルへ

今回のリニューアルのタイミングで、質問数が7つから9つに変更されたことで、数百のバリエーションから約3万通りのバリエーションに拡大しています。

パーソナライズというのは聞こえがいいですが、見誤るとビジネス上のリスクが大きくなります。
もちろん、MEDULLAに関してはオペレーションや生産体制を整えた上で、より顧客の課題解決にためのリニューアルになっているでしょう(これまでのご苦労も聞いているので)。

今後のサービスの発展も気になりますし、期待しております。

また、MEDULLAはZOE祭でブース出展いただき、代表の深山さんにはご登壇いただきますのでお楽しみに!


チャネルをまたいだO2Oマーケが可能なWeb接客ツール、後発登場により再編はあるか?

Web接客ツールの再編が始まっている印象です。

WebicaやSPARKなどが後発が登場していますが、これまでのツールよりも細かい設定や機能があったり、「設定ができない」という企業に対して設定をシンプルにしたり、運用補助を行なっている傾向があります。

噂ではFlipdeskも譲渡後、落ち着いたら開発を機能を再開するようで、一周したWeb接客ツールの再活用の流れがくるかもしれません。


「1日ZOE BAR」でZOE祭の手ごたえを感じた

4月19日(金)10時時点の状況です。

登壇者を含めない当日参加100名の目標まで【あと31名】です。
引き続き、ご参加お待ちしております。

詳細は後日書きますが、昨日の「1日ZOE BAR」は大盛況に終わりました。
ご来店いただいた皆様、誠にありがとうございます。
ちなみに、次回は5/16(木)を予定していますので改めて告知します。

想定来客数に対しての忙しさがわからなかったので、私はカウンターからほぼ出れませんでしたが、ある程度知っている人がいることによって、お客様同士で自発的に交流が生まれていたのが嬉しい限りです。

「1日ZOE BAR」のコンテンツは、「川添隆(ゾエ)が店長」「交流がありそうな予感」というだけでしたが、距離感などによってどんな変化があるかは今後見ていきたいです。

一方、ZOE祭ではセッションや展示というこちら側で用意したコンテンツと、その合間の休憩時間でうまく交流が生まれるかがポイントになるかなと考えています。

ただし、一定割合でお客様の中に知り合いが存在することによって、自発的な交流というのはあるんだろうなという手ごたえを感じました。
私自身、ZOE祭がさらに楽しみになってきました。

参加をご希望の方は、CAMPFIREにてお好きなリターンをご購入ください。

検討中の方は、Facebookイベントページで「興味あり」をポチっていただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/events/326572154670156/

登壇者プロフィールや展示・物販ブースのブランド・人の紹介は下記をご覧ください。


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたい限りです!
6
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。