見出し画像

【日刊ZOE NEWS】「古着女子」のyutoriが仮想モデルエージェント「VIM」設立/1か月で30社超がトライアル申込した「服を採寸する」カメラアプリとは?

2019年7月5日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

「古着女子」のyutoriが仮想モデルエージェント「VIM」設立

yutoriの片石氏はイベントでお話を聞いたことがありますが、その時は試行錯誤しながら、少しずつチャレンジをしているという印象でしたが「腹を決めた」とのこと。
その手段として、バーチャルインフルエンサーのみが所属するモデル事務所の立ち上げとなっているようです。

記事の中にもありますが、たしかに、日本においてインフルエンサーが育ちにくいのは、“個”を確立する前に商業化してしまい、“個”が枯渇してしまうことにあるのではないかと私は捉えています。

バーチャルインフルエンサーも丁寧に世界観を作っていく必要はありますが、外的な影響に左右されずに“個”を確立できる可能性は大いにあると思います。
ビジュアルコミュニケーションが基盤になったことで、バーチャルで人格化がやりやすくなったと言えるでしょう。

バーチャルで世界観をつくりあげることができるプロデューサーは、均一化しているファッション業界に必要な要素の1つになるんじゃないでしょうか。


1か月で30社超がトライアル申込した「服を採寸する」カメラアプリとは?

「店での品出し」はリアル店舗よりもECの方が労力と時間がかかります。

ファッションEC領域では膨大な「ささげ業務(撮影・採寸・原稿:商品コメント)」の負荷を、テクノロジーを使って省力化していかないと歪みがくると捉えています。

こういったサービスが増え、浸透していってほしいです。


※タイトル画像※
VIMより引用
https://virtualmodel.net


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたい限りです!
4
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 514本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。