見出し画像

【日刊ZOE NEWS】「ファッション領域のクリエイティビティ」とAIの関係性/2019年ECリアルトレンド/Hameeが「ふるさと納税」で、新事業の開拓へ

12月9日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.「ファッション領域のクリエイティビティ」とAIの関係性
2.2019年に押さえておくべきのECリアルトレンド
3.Hameeが「ふるさと納税」で、新事業の開拓へ


「ファッション領域のクリエイティビティ」とAIの関係性

アダストリアのドットstの画像アイテム検索などを手掛ける、ニューロープ酒井氏による記事ですが、ファッションとAIの関係についてよく理解できます。

ファッションにおけるAI活用では、いきなり「発注にまでいかせないのか?」みたいな話になりますが、トレンド品では難しいと聞きます(定番品なら余地あり)。

ただし、この記事に記載されている課題などで活躍シーンはたくさんありますよね。

例えば、今、トレンドになっている“コーディネート投稿”もシーズンが終わると、販売している商品と紐付かなくなるため“死にコンテンツ”になってしまいます。
※購買商品のレシピ集として残す価値はあり

そこに、画像解析とレコメンドを導入することで、過去のコーディネートと現行販売商品との紐付け&表示ができるようになります。

店頭での提案も属人化しすぎているため、ベースをつくった上での個性の強調などもできそうです。

2019年は、より取り入れやすい環境になっていくでしょう。


2019年に押さえておくべきのECリアルトレンド

こういった来年のトレンド予想は助かります。

私がEC領域で付け加えるとすると「LINEの再活用」でしょうか。
2019年のプラン変更により、現行のLINE@運用は変えざるを得ません。
一方で新機能も準備中とのことで、そのあたりの活用は気になっています。

LINEの予習と復習は下記をご覧ください。

また、オムニチャネル領域では、「接客の時短」に注目しています。
ここは当社でも実験中で、ある程度の時間が必要ですが、店舗独自の価値を高めるには、避けて通れないと思っています。

時短価値の創出については、下記をご覧ください。


Hameeが「ふるさと納税」で、新事業の開拓へ

元々、自社でのEC運用の課題から生まれたのが「ネクストエンジン」です。あくまでも運用者目線というのが、Hamee社の文化として根付いているのでしょう。

そこからの「ふるさと納税返礼品の運用」につながっていく。
素晴らしいです。


イベント告知

■12/18(火) オンライン ライブ配信 その1

年末の追加イベント告知独立がいいのか?企業内で自分の看板を掲げるのか?・・・
そういった岐路に立つビジネスパーソンから頻繁に相談される、30代で独自のキャリア形成をしているマーケティングパーソン3人が、独立のリアルな経験と本音をポロリポロリしまくる夜咄会。

2018年12月18日(火)20:00〜21:00

独立か?企業内自由人か?30代半ば3人が語る
https://www.facebook.com/events/2004130856320943/


■12/20(木) 大阪エリア

ネコノレン\今年もやります/昼は勉強!夜クリパ!
2018年12月20日(木)
第1部:15:30~18:30( 受付開始:15:00~)
第2部:19:00~22:00(受付開始:18:30~)
私は第2部での登壇ですが、第1部も面白いはずです。
詳細は下記をご覧ください。
https://www.facebook.com/events/556144184858490/


■12/27(木) トークイベント

おかげさまで、58名の参加予定!
コメ兵の藤原さん、オールユアーズの木村さん、MIW Marketing & Consulting Group, Incの岩瀬さん、そしてモデレーター川添という、2度とないようなメンバーで「日米、これからのマーケティングのあり方」についてトークイベントをやります。

2018年12月27日(木)

19:00からのタイムテーブルやお申し込みはコチラ↓
https://note.mu/yfujihara/n/nbb2206a522c8

20:00からのライブ配信の参加はコチラへ↓
https://www.facebook.com/events/402468893625820/


※タイトル画像※
pixabayより引用
https://pixabay.com/


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今後のパフォーマンスでお返します!
2
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 YouTube川添隆いいコマース学: http://bit.ly/2ustK1C