見出し画像

【日刊ZOE NEWS】広告費0円で掲載1500以上獲得、Minimalの秘訣 / 「ロハコ」のデータをメーカーに提供、デジタルマーケティング支援の新サービスとは

2019年9月11日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

広告費0円で掲載1500以上獲得、Minimalの秘訣

スタートアップだけでなく、広報が弱いブランド・企業にとっての神記事です!私自身は「広報=戦略的営業」だと捉えているので、この内容はとても共感しました。
ヒントというよりも、ほぼ「コレをやるべし」という内容なので、あとは愚直にやるかどうかです。

1、セールスターゲットとブランドターゲット
→セールスとブランドのターゲットを分ける、フツーは外しそうなセグメントに目を向ける、最終的にそのセグメントにブランドメッセージが伝わるか?

2、ポジショニングマップを用意する
→媒体側の論理をおさえる(担当業界歴が長い人もいれば浅い人もいる→業界のポジョニングを知らせる)、これによっておのずとポジションをつくる

3、メディア特性に応じた切り口やストーリーを提供する
→営業先に応じて提案内容を変えるのは当たり前でそれの広報版(ただし、根幹のソリューションは1つ)、独自物語を整理しておく

4、すべての取材に準備と誠意をもって対応する
→取材を受ける側が“お客様”ではない、商談に臨むための事前準備、情報提供と情報収集も忘れずに(最後は人と人とのつながり・信頼)

5、ブランドのコアを研ぎ澄ます事でコンテンツを無限に作り出す
→コンテンツありきではなく「ブランドのコア」ありき、潤沢な水源からは泉が湧き出す(ブランドの本質)


最後に、冒頭に「運の要素が大きい」と書かれていますが、私はそうではないと思っています。流れをおさえるビジネスの先見性、そして最終的に運を味方につける「飽くなき行動」があった結果だと捉えています。


「ロハコ」のデータをメーカーに提供、アスクルが始めたデジタルマーケティング支援の新サービスとは

クローズドからオープンへ。

これまで、プラットフォーマーやデベロッパー・百貨店はデータを閉ざしてきました(デベロッパーは顧客情報と商品マスタ・在庫情報をとれていないケースが多いですが)。

一方、LOHACOは「LOHACO ECマーケティングラボ」を通じて、使用範囲を限定しつつも、データ開放にチャレンジしたユニークなモールECです。
そして、今回によって使用範囲が広がるということで、先手を打っている感じがします。

ZOZOもサイズデータやマーケティングデータの共有を進めていますが、「うまい具合にデータを開放する」という流れはきそうですし、超クローズドな楽天がどう動くかに注目したいです。


※タイトル画像※
note(山下貴嗣_Minimalチョコレート)より引用
https://note.mu/yamashita0902/n/n14c5f0a3253d


「ECやらない」エバンジェリスト/川添 隆

▼仕事術やデジタルトレンドを熱量こめてお話しする音声コンテンツ: ZOEラジオ
▼更新速報を受け取るなら公式LINE: ZOE LINE
▼動画チャンネル(アーカイブ) : ZOE TV
▼自著:「実店舗+EC」戦略、成功の法則

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
5
ブランドを伝え、心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験、自身の実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/川添 隆(ゾエ) 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 #EC
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。