見出し画像

「従業員のエクスペリエンス」を向上するには?、Shopifyが実店舗オープン【日刊ZOE NEWS】

10月21日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。
1.「顧客のオムニチャネル化」で店舗業務は増えていく
2.Shopifyがロサンゼルスの実店舗1号店で、「よろず相談」を開始


「顧客のオムニチャネル化」で店舗業務は増えていく

店頭における「デジタル関連業務」は、今後、量的に増えて行けども減りはしないでしょう。
ということは、全体の業務設計と効率化により、「従業員のエクスペリエンス」の向上に取り組まねばなりません。

ロープレコンテストに費やす暇があったらデジタル研修に注力すべきではないか。

というのも、形骸化しているロープレをやるくらいなら、デジタル研修を優先すべきです。
SNSに特化した研修、デジタル業務全般の研修など提供してくれる企業は増えてきました。

私の友人 横山さんがやっている、「1ヶ月で店舗販売員を通販担当者へ育成する」というコンセプトは明快ですね。

時間は有限!経営や要職の人間がやるべきことは、優先順位を明確に決めることです。


Shopifyがロサンゼルスの実店舗1号店で、「よろず相談」を開始

スタッフが常駐し、起業家やネットショップオーナーに、ECサイトの開設や運営にまつわるナレッジの共有やアドバイスを対面で行う

スタッフが常駐し、起業家やネットショップオーナーに、ECサイトの開設や運営にまつわるナレッジの共有やアドバイスを対面で行う。日本におけるBASEのようなショールーミング店舗かと思いきや、すでに利用が多いロサンゼルスで、利用企業のスキル向上やよろず相談のために店舗をオープンするというのはあっぱれです。
日本で言えば、GMOメイクショップが実店舗をオープンするような話。

たしかに、ショールーミングの支援をするのも良いですが、それにはスペースの限界がでてきます。
それより前に、Shopify自体のよろず相談を受け、一つ一つを解決することで、下記のようなプラスがうまれるのではないでしょうか。
①スキル向上、ノウハウ蓄積による利用企業の売上向上
②Shopifyに興味のある企業の相談や、口コミ・紹介による新規獲得
③次の機能改善やプロダクト開発のためのヒント収集

先日もShopifyのニュースを取り上げたばかりですが、Shopifyの動きはEC業界でトップレベルと言えるでしょう。

一見地味ですが、「プラットフォーマーのオムニチャネル」を展開し、製品・サービスを伝えていくのは今度重要になるでしょう。


ECエバンジェリスト/川添 隆

▼更新速報を受け取るならLINEにご登録ください↓
ZOE note公式LINE

-------------------------

▼オンデマンド書籍
キレイなECの戦略論ではありません。
前半は「アウェーの中でどのように実現していくかの方法論」、後半は「先駆者たちの方法論」を書いております。
「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く

▼オンラインサロン
10代~40代までの濃いメンバーで、主にECをテーマとした議論や交流をしています。私に対する質問は惜しみなくお答えします。
興味のある方はコチラ↓
『川添隆EC実験室(ZOEラボ)』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

有益な情報を提供していこうと心がけていますが、サポートいただけるとモチベーションにつながります。よろしくお願いします。

ありがたい限りです!
4
ブランドを伝え心地よい買物体験を提供する時代。EC責任者やアドバイザーの経験など実体験を基に伝えます。 /実行は当たり前、“伝える”で差がつく/ 書籍:https://amzn.to/2sT78D3 コラボ収録のstand .fm: https://bit.ly/2WLIlQ1

こちらでもピックアップされています

ZOEニュース
ZOEニュース
  • 507本

ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で日刊は終了しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。