マガジンのカバー画像

ZOEニュース

640
ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で… もっと読む
運営しているクリエイター

#アフターデジタル

[10分メモ]OMO観点で見るメタバース

はじめに(注意書き)雑な妄想レベル含めたメモです(10分ぐらいで書いたので10分メモと記載しています。習慣化できたらいいな)。 今の自分の感想を書いているので、所属する組織(本業・副業共に)や実施しているプロジェクトとは切り離して見ていただけると。 なお便利か意味かは、アフターデジタル関連の書籍や記事を読んでいただけるとなんとなく今回の話が理解されるかと オンラインとオフライン空間の差オンラインは便利性の追求。オフライン施設は意味性(体験・物語)が高まりやすい存在。現状の無

スキ
13

新型コロナ不況に小売のマーケターはどう向き合うか Vol.3 ECエバンジェリスト 川添さま

Patheeは「テクノロジーで人々と小売コミュニティを繋げることで社会にインパクトを与える」をVisionに事業をしています。 新型コロナウイルス対策で外出自粛している中で小売業のマーケターからどのような施策をいまやるべきか、自粛緩和時に向けて今何を準備していけばいいかというご質問をいただくことが増えています。そこで今回から最前線で活躍しているマーケターにPatheeのマーケティングマネージャーの原嶋がインタビューをしてこの課題にどう向き合えばいいかをお聞きしていきます。 第

スキ
11

自社の強みがOMOにつながる、リユースデパート「コメ兵」の挑戦【shackレポートvol.2】

shack主宰の川添 隆です。 こちらのマガジンでは、既に新たな「店舗業態、場所の作り方、課金モデル」に挑戦している事例や考え方をご紹介していきながら、私自身もヒントを得られたらと考えています。 今回取り上げるのは、コメ兵 藤原義昭さんと『アフターデジタル』著者のビービット藤井保文さんとOMOに関する対談からのエッセンス、そしてコメ兵の挑戦のおさらいです。 OMOに必要な考え方、自社の強みをデジタルに置き換える 中国の盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)やluckin

スキ
11