マガジンのカバー画像

ZOEニュース

640
ZOE NEWS(旧 日刊ZOEニュース)として、不定期でECやアパレル関連などのニュースに対する見解・解説を、ちょっとだけ膨らませて書きます。※2019年10月15日の1年間で… もっと読む
運営しているクリエイター

#メディア

50回記念*編集力を磨くには?/ITリテラシーが低いおじさんの説得方法ーー幻冬舎 設楽 悠介【#ZOEラジオ 第50-51回】

ゲストを招き、お互いが訊きたいことをトークテーマとして、ゆる~く語っていくstand.fm音声チャンネル ZOEラジオ 。 第50-51回は、プロジェクト「あたらしい経済」を編集長や他社のアドバイザーも務める株式会社幻冬舎 設楽 悠介さんがゲストです。 ゲストプロフィール 設楽 悠介 株式会社幻冬舎 「あたらしい経済」編集長 幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済(New economy)」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業や電子書籍事業、コンテ

スキ
1

ユニクロの「#LifeWear 」を手に取ったけど、これは暴力に近いです(笑)ファッションブランド、ファッションメディアは驚愕でしょう。驚愕しないとおかしい。 年2回と言えど、本当にPOPEYE並みのクオリティ。服だけでなく、メディアもユニクロを“前提”にしないとマズイです。

スキ
4

【日刊ZOE NEWS】10月15日 創刊1周年からの休刊、イベント・募集などのお知らせ

2019年9月17日(火)の日刊ZOE NEWSは休刊やその背景についてお知らせします。 あと1か月で1周年2019年10月15日で“日刊ZOE NEWS”は1周年を迎えます。ご愛読いただいている皆様、本当にありがとうございます。 そして、10月15日をもって、“休刊”することにしました。 今後は不定期で更新し、NewsPicksのコメントも減らす予定です。 もし、「継続運営のために私が運営をサポートしたい!」という方がいらっしゃったら、FacebookやTwitter

スキ
17

【日刊ZOE NEWS】1日1200件を発送する“ギフト特化EC”が5億円調達、挑戦者は東大発・23歳起業家 / ピーチ・ジョンが定期発行のカタログ通販を中止、ECや直営ストアをメインへ

2019年8月30日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。アンケートのご協力、よろしくお願いします! 1日1200件を発送する“ギフト特化EC”が5億円調達、挑戦者は東大発・23歳起業家“ギフト特化EC”は前々から可能性があるとかんじていましたが、こういうサイトが出てきたのは嬉しいですね。 本来、ECとギフト需要は相性がよいはずで、それは短期集中の受注が受けられるからです。 ※もちろんいつでも選べる、注文できるというのも 先日も話していました

スキ
1

【日刊ZOE NEWS】ZOZOTOWN、AIを活用し、「類似アイテム検索機能」を導入 / 「北欧、暮らしの道具店」短編ドラマ「青葉家のテーブル 第4話」が2019年上半期の話題になったYoutube動画広告・第10位に

2019年8月27日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 ZOZOTOWN、AIを活用し、閲覧商品と似ている商品を検索できる「類似アイテム検索機能」を本日より導入ファッションAIの本命が、いよいよAIを使った画像検索機能をリリースしました。 今回は商品詳細画像から類似アイテムを探す機能に的を絞っているところに意志を感じます。 検索窓から手持ちの画像を使った検索も増えていますが、これはまだまだ認知を含めた利用率が少ないと聞いています。 今

スキ
5

【日刊ZOE NEWS】メルカリ台頭がブックオフ潤す?!ー生活者が手軽さに回帰の流れ / 〈続報〉メディアでよりグローバルを拡大する意志の表れか?「LifeWear」のクオリティがハンパない

2019年8月26日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 メルカリ台頭がブックオフ潤す?!ー生活者が手軽さに回帰の流れブックオフから見たときの外的要因が事業成果と憶測が交わって語られていますが、売上を減らさずがに1年で30億弱の利益改善をされたのは外的要因だけでは説明できないでしょう。 確かに大きな流れがうまれると、逆側に空きができて揺り戻されるというのは、どういった領域でもあります。 推測ですが、利益を増やす取り組みとコストを減らす取

スキ
2

【日刊ZOE NEWS】「ユニクロ」がフリーマガジン創刊、編集は元ポパイ編集長の木下孝浩が担当 / 「Shopify」がビデオや3Dモデルで表示する機能などのアップデート / ZOEラジオにゲスト登場!

2019年8月23日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 「ユニクロ」がフリーマガジン創刊、編集は元ポパイ編集長の木下孝浩が担当オウンドメディアの文脈とも言えますが、企業やブランド発のマガジンが増えてきていますね。 また、業界専門誌もコンテンツの専門性を深くする傾向にあります。 一方、一般雑誌に関しては、編集力や配布数(リーチ数)、信頼性には敬意を持っているものの、個人的には「最適化」されすぎて刺さるコンテンツが少なくなっている印象です。

スキ
2

【日刊ZOE NEWS】動画各社の広告支出額、アマゾンが1位、ネトフリが2位に / フルフィルメント・バイ・ゾゾ、送料580円・出荷代行200円に

2019年8月16日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 久々に「ZOE TV」に動画追加しました!応援も含めて、チャンネル登録、いいね!をよろしくお願いします。 ※BADもありです ECエバンジェリストが“しくじり先生”に!ゼロから這い上がったキャリアの振り返りと考え方・行動を紐付けて解説してみた【前編 1/2】 コメ返回ー若い頃にキバを抜かれない働き方・キャリア選択とは?ECエバンジェリストが“しくじり先生”として解説してみた【後編2/

スキ
3

【日刊ZOE NEWS】徳力基彦さん・最所あさみさんがnoteのプロデューサーに就任、noteのコミュニティ活動を強化/誰がアパレルの未来を作るのか - 「2030年アパレルの未来」書評

2019年7月7日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 徳力基彦さん・最所あさみさんがnoteのプロデューサーに就任、noteのコミュニティ活動を強化 ブロガー、コミュニティ形成の領域で活躍されている徳力基彦さん、最所あさみさんがnoteプロデューサーに就任。 最強のお二人が加入し、よい化学反応が起きそうな予感がします。 お2人に共通しているのは、自分自身がネットでの発信を通じてキャリアを築いてきていること 代表 加藤氏のコメントがあります

スキ
8

【日刊ZOE NEWS】いまなぜD2Cがブームなのか、ヤフー井上さんとブランド&コミュニケーションを語る/ECの在庫管理作業をRPAで自動化

2019年6月1日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 いまなぜD2Cがブームなのか、ヤフー井上さんとブランド&コミュニケーションを語る コメ兵 藤原義昭さんの対談は毎度豪華なメンバーですが、ついにヤフー井上大輔さんが登場。 重要だと感じたことをコメントを引用して取り上げます。 「メディアの接触時間」という定義で見れば減ってはいないけれど、「コンテンツを受動的に消費する時間」という意味では減っているんです。その一方で、「消費者同士のコミュニ

スキ
10

【日刊ZOE NEWS】ストデパのクリエイティブ・ディレクター都築 千佳氏とは?/日本では国産ECプラットフォームが強いが…/メインのZOE会ディスカッションとは?

2019年5月2日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 ストデパがメディア力を強化、クリエイティブ・ディレクター職に都築 千佳氏が就任見逃していました(汗)。ストデパのクリエイティブディレクターとして、「WWDジャパン」「WWDビューティ」元編集長の都築千佳さんが就任。 トップオブトップのラグジュアリーブランド以外は、モノだけでなく、伝えなければ価格との価値の折り合いがつかない時代。 デザイナーは社会的背景も考えて提示してプロダクト

スキ
1

【日刊ZOE NEWS】ICCサミットの続き、クラシコム青木 耕平氏が語る「IP=知的財産権」の強さ/「学校跡」という場所はワクワク感がある<ZOE祭>

2019年4月17日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 ICCサミットの続き、クラシコム青木 耕平氏が語る「IP=知的財産権」の強さ今年のICCサミットFUKUOKA2019で、私自身の大きなお土産になったのは下記の話でした。 その続きとなるような、ツイートがされていましたのでご紹介します。 その後にやり取りさせていただいたのですが、さらに下記のような言葉をいただきました。 過去に遡って楽しめるコンテンツはこの性質を持っていると思ってい

スキ
1

【日刊ZOE NEWS】“垂直統合型ECメディア”の戦略とは? DIYコンテンツサイト「Hometalk」/「登壇者もライブを楽しめる」を大切にしたい

2019年4月9日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 “垂直統合型ECメディア”の戦略とは? DIYコンテンツサイト「Hometalk」 次々と新しいスタイルのECが出てきますね。 モノは買って終わりではなく、使うことに意義があります。 日本ではメディアコマースやECのメディア化がキーワードになりましたが、この定義はどちらでもよくて、そもそもコマースで提供すべき情報量は幅と量が必要ということでしょう。 ブランドはどうしても“背景”に

スキ
2

【日刊ZOE NEWS】Shopify日本上陸から1年で成長した理由 /「バズる企画」を見分ける、便利な四象限マトリクスの使い方

2019年2月28日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 1.Shopify日本上陸から1年で成長した理由 2.「バズる企画」を見分ける、便利な四象限マトリクスの使い方 Shopify日本上陸から1年で成長した理由ECカートシステムは、情報管理は堅牢に、機能は自由度高くの2つの相反する予想が必要なところが難しいところです。 特にデジタル時代のユーザーに対応するには、どちらの要素も不断のアップデートが必要。 日本独自のオープンソースプラットフ

スキ
2