ZOEニュース

578

参考ポイントが満載!運営者の工夫がつまったECサイト4選【販促会議 2020年6月号】

ECエバンジェリストの川添 隆です。販促会議 2020年6月号に寄稿をさせていただきました。テーマは「いまこそ参考にしたい 成長を続けるECサイト4選」。 <引用:販促会議> どこかのタイミングでフィーチャーしたいと思っていた4つのサイトを、今回改めてじっくり拝見しました。やはり、運営者の工夫が詰まりまくっています!「このサイトはここまでやってくれるんだ」と思えるようなサイトには人間味を感じますね。 また今回紹介した4つのサイトは、下記を選定基準としています。 (1)

スキ
10

メーカーにおける“サブスク”は、ブランドを伝える手段となるか

最近は色んなサブスクが登場しており、TVでも「サブスク」というフレーズを聞くことが多くなってきています。 <引用:Googleトレンド> 日経クロストレンドで「サブスク」関連の記事が登場するのが2018年で、そのあたりではスタートアップ企業が中心でしたが、最近は老舗企業によるサブスクも増えてきています。 ※一方で、商材・サービスによっての勝ち負けも出てきているのも事実。 最近目に留まったのは、キッコーマンによるしょうゆのサブスク「BOTTLE BREW」です。 この記

スキ
25

【ZOE NEWS】おやつのサブスク「スナックミー」がTwitterで口コミを伸ばしている仕掛けとは? / 中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力

2019年11月8日(金)のZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 若い女性、ママたちに大人気!おやつのサブスク「スナックミー」がTwitterで口コミを伸ばしている仕掛けとは?UGCをうむ手法の一つであり、今のブランドアカウントの役割として「真似やすい投稿」があると聞きます。 それ以外にもスナックミーは、ユーザーのタイミングに合わせた仕掛けが散りばめられている印象です。 こういう記事を見て「じゃ、うちも」と思った既存企業の方々は、取り入れようとしても上

スキ
4

【日刊ZOE NEWS】FABRIC TOKYOがオーダーメイド洋服のサポートをサブスクサービスとして提供開始 / マークスタイラー、フリーマガジンを創刊

2019年9月27日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り18日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! FABRIC TOKYOがオーダーメイド洋服のサポートをサブスクサービスとして提供開始FABRIC TOKYOが発表した、メンテナンスサービスのサブスク、スマートファクトリー、サーキュラーエコノミーのそれぞれの取り組みは、どれも大きなテーマですね。 サービスのサブスクに関して、メガネスーパーグループで

スキ
1

【日刊ZOE NEWS】コアラのマットレスが創業1年で13億円も売れた理由 & 睡眠について聞いたいい話/毎週3点が0円・20%オフも、Oisixが食のサブスク『プライムパス』をスタート

2019年6月26日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 コアラのマットレスが創業1年で13億円も売れた理由 & 睡眠について聞いたいい話 アメリカ発のマットレス・イノベーションと言えばCasperで、日本にはまだ来ていない認識ですが、オーストラリア発のkoalaは2017年から日本進出しているとのこと。 商品の特徴をどのようにしてて伝えるか?はEC・デジタル担当者が苦心しますが、この動画はインパクトありますね。 また、Casperは仮眠ス

スキ
3

【日刊ZOE NEWS】Magic Leapが買収した遠隔会議システムの動画がすごすぎる!/就活スーツも買わずに「借りる」時代、丸井がレンタルサービスの実証実験

2019年5月26日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 Magic Leapが買収した遠隔会議システムの動画がすごすぎる!まだ謎の多い企業ともいわれるMagic Leapですが、最近買収したMimesys(マイムシス)が提供する ホログラムによるリモート会議システムの動画は本当にすごいです。 ※5/27(月)追記 : こちらはホログラムではなくARのようです。ご指摘ありがとうございます。 たまたまTwitterで流れてきましたが、衝撃的

スキ
3

【日刊ZOE NEWS】日本初の「観て飲む」お茶のサブスク「TOKYO TEA JOURNAL」が創刊/物流から見る店舗の価値のあり方、グローバル競争〈角井 亮一×山手 剛人〉

2019年5月25日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 日本初の「観て飲む」お茶のサブスク「TOKYO TEA JOURNAL」が創刊、紙と映像を横断する新しい食体験のサービスシングルオリジンのお茶のサブスク「TOKYO TEA JOURNAL」が登場しました。 私自身、煎茶堂東京のお茶を何度か飲んだことがありますが、旨味や甘味、渋みなどのバランスが産地ごとに異なるので、飲んだ時に「ん?なにこれ?」とか「ほー!こういう味がお茶にもあるんだ

スキ
3