ZOEニュース

544

【日刊ZOE NEWS 通常版】「商品力×PR力」ネーミングセンスで口コミ拡大!宮崎県「永野…

2019年10月15日(火)の日刊ZOE NEWSです。 *告知******* 本日で、創刊1周年&休刊です。今夜のイベントは飛び入り参加可能なので奮ってご参加ください。入館方法も下記に記載があります。 ■事前決済(1,000円~)※本日19:29で〆切 https://zoenews-bar.peatix.com/view ■Facebookイベントペ…

【日刊ZOE NEWS】日本の生理用品市場をECでゲームチェンジ、ハヤカワ五味の新たな挑戦 /…

2019年10月8日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り7日。 10月15日(火)はみんなでお祝い・交流! 日本の生理用品市場をECでゲームチェンジ、ハヤカワ五味の新たな挑戦 まだ直接お会いしたことないですが、毎度、ハヤカワ五味さんの「頭のキレ」度合い…

【日刊ZOE NEWS】メルペイ、EC連携で購入履歴からメルカリ出品可能に / KYUSHU ISLAND村…

2019年9月19日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 創刊1周年&休刊まで残り26日。 メルペイ、EC連携で購入履歴からメルカリ出品可能にーPayPayとの攻防 他のメディアでなかなか取り上げられていないですが「ECサイトの購入履歴からメルカリ出品」は、EC業界としては大きなニ…

【日刊ZOE NEWS】会計終了まで26秒! 超アナログ「からくり決済」、キャッシュレス時代に…

2019年8月21日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 会計終了まで26秒! 超アナログ「からくり決済」、キャッシュレス時代にあえて「待つ」魅力 「ステキすぎる」に尽きますね! 実店舗は今後、利便性の追求 or 体験の追求 のどちらかの選択を迫られるような話しは方々であり…

【日刊ZOE NEWS】買い物体験を変える「○○Payの勝ち組」はどこか / アリババが越境EC「…

2019年8月15日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 買い物体験を変える「○○Payの勝ち組」はどこか イマイチ普及が進まない理由はコメ兵 藤原さんに同意です。 日本で一気に普及しない理由は・NFC(Suica)による大企業中心・加盟店手数料が高い※・Posレジの改修が必要な…

【日刊ZOE NEWS】中国・アリババの「最先端会議」に出てわかった、そのヤバすぎる実力 /…

2019年7月24日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 中国・アリババの「最先端会議」に出てわかった、そのヤバすぎる実力 このイベント自体は先週も取り上げましたが、最後の“アリババとアマゾンの「意外な違い」”という見方が非常にユニークですし、腑に落ちました。 中国…

【日刊ZOE NEWS】進撃のアリババがコンビニ侵食、上海で実験店 / ファーストリテイリン…

2019年7月22日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 進撃のアリババがコンビニ侵食、上海で実験店 中国ではIT先進企業はモバイル決済を提供し、その後小売を傘下におさめて、OMO環境の実験を急速に行い、小売・ECプラットフォームをさらに強化しまくる流れ。 検証環境があるっ…

【日刊ZOE NEWS】即時買取アプリ「CASH」が新しい決済手段「モノ払い」をリリース!、「…

2019年6月14日(金)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 即時買取アプリ「CASH」運営のバンクまったく新しい決済手段「モノ払い」をリリース!、お金がなくても「モノ」で「モノ」が買える現代版「物々交換」 個人の身の回りのモノが多い時代は、新しいモノを買うと、使わないモノを…

【日刊ZOE NEWS】「ZARA」を手がけるインディテックス社の次期CEOが決定、デジタル戦略…

2019年5月30日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 「ZARA」を手がけるインディテックス社の次期CEOが決定、デジタル戦略とサステイナビリティを強化 デジタル戦略とサステイナビリティ(持続可能性)を率いたCarlos Crespo(カルロス・クレスポ)氏が次期CEOになるというメッ…

【日刊ZOE NEWS】新職種「最高ダイレクト戦略責任者」とは何か、ミツカンに聞いた/リア…

2019年3月11日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。 新職種「最高ダイレクト戦略責任者」とは何か、ミツカンに聞いた 創業210余年の老舗企業ミツカンは新たな創業期を迎えているのでしょう。 それに対する外部人財の大胆な採用、自社の強みや技術の棚卸しから新ブランドの開発…